記事によると

  • 『アンチャーテッド』シリーズや『ラスト オブ アス』のデベロッパーとして知られる「ノーティードッグ」の共同社長クリストフ・バレストラ氏が4月3日付けで同スタジオを退職することがわかった。
  • 今後はバレストラ氏と共同で社長を12年間務めてきたエヴァン・ウェルズ氏が単独で社長を務めるといい、バレストラ氏は「個人的に抱いている夢やプロジェクトを追求する」ために同社を離れるという。
  • バレストラ氏は「当時を振り返ると、約10年間でスタジオがここまで至ったことは、私にとって間違いなくビジネス上の最も大きな成功です。エヴァンは完璧なパートナーでした。彼なしでは我々の成功は到底あり得なかったでしょう」と語っている。
  • ノーティードッグの重要メンバーである『アンチャーテッド』シリーズのクリエイティブ・ディレクターおよび脚本家のエイミー・ヘニグ氏も同社を去り、『ラスト オブ アス』の共同ディレクター、ブルース・ストレイリー氏も現在休暇中で『ラスト オブ アス パート2』ではディレクターを担当しないことがわかっている。




「ノーティードッグ」についてネットの反応













素晴らしい功績を残したお社長さま、15年間お疲れ様です!



1001オススメ記事@\(^o^)/2017/03/10 15:03:00 ID:highgamers